東京都墨田区 たちばな鍼灸整骨院HOME > 症状別ページ > 赤ちゃんができる体をつくるにはどうしたらいいか?

症状別ページ

赤ちゃんができる体をつくるにはどうしたらいいか?

不妊症 赤ちゃん.png
赤ちゃんができる体をつくるにはどうしたらいいか?
まず骨盤内の環境が整わなくては子宮の状態はよくならない妊娠しにくい人は着床する体力と、妊娠するための子宮の環境が整っていません。たちばな整体院には流産くせがついているお客さんが多数います。
流産しやすい人は着床する体力はある程度ありますが、赤ちゃんが育つ体力がないと、育ちにくい子宮環境などが原因かと思います。この場合も不妊症の方と同じ施術が必要と思います。骨盤の動きを正常にすることが大切です。

子宮.jpg

骨盤の施術の目的は機能を正常にもっていくことです。

人は生きているかぎり動いています。安静状態にしていても、呼吸をすれば動きます。骨盤の施術の目的は、『本来正常な動き』をもとに戻すことで両足の長さをそろえることではないのです。骨盤の環境が悪く妊娠できない方は、『正常な動き』に比べて、動きは小さいか、動きが異常をきたし、骨盤内の環境が整っていないので内臓の働きが正常に働かないのです。妊娠は子孫を残す人間が本来持っている強い能力です。この能力が正常に働かず、妊娠できないことは、妊娠できやすい環境が整っていないのです。

男性骨盤.jpg

女性の骨盤は赤ちゃんを生むために、骨盤が広くやや低めに位置します。
骨盤は日中、開閉していますが、妊娠中は開閉が大きくなり、出産が近づくになり開く幅が大きく、出産時、最大に開くのです。


▲ページ上部へ戻る